メニュー

Close

HOME

診療科目

睡眠時無呼吸症候群・CPAP外来について

睡眠時無呼吸症候群・CPAP外来について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り「睡眠時」に「無呼吸」を起こす病気です。英語ではSleep Apnea Syndromeであり、頭文字をとって「SAS」と略すことがあります。「無呼吸」とは10秒以上呼吸が停止することと定義され、この無呼吸が1時間当たり5回以上あるいは7時間の睡眠中に30回以上ある場合に「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

この1時間あたりの無呼吸(および呼吸低下=低呼吸)の数をAHI(apnea-hypopnea index)といい、5~15までが軽症、15~30までが中等症、30以上が重症と分類します。また、この睡眠時無呼吸症候群には、頻度が多い閉塞型無呼吸と、頻度は少ない中枢型無呼吸があります。閉塞型無呼吸は、呼気努力はあるものの上気道(のどの奥)が狭くなっているために呼吸が止まるもので、一方の中枢型無呼吸は、脳障害のために呼吸指令がないものや、心臓が悪いためにその指示がとどきにくくなって生じるもので、呼気努力が認められません。

この病気の方は30秒以上とまってしまうこともまれではありません。呼吸がそんなに長く止まったら、死んでしまうのではないか?と思われがちです。でも、実際この無呼吸自体で死んでしまうことはないといえます。ただ無呼吸が何ヶ月も、何年も続くことで体に負担がかかり、若いうちから高血圧になったり、心臓発作・危険な不整脈や脳卒中を起こしてしまい障害が残ったり、突然死してしまうことがあります。一方でご存知の方も多いと思いますが、強い昼間の眠気が原因で起きた、鉄道の居眠り運転による事故など、ご本人はもとより、周囲の方や社会的にも問題となるのです。

恐ろしいな、と思われることを書きましたが、この睡眠時無呼吸症候群はしっかり治療すると無呼吸がなくなり、怖い病気や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。この病気は何も特殊な病気ではありません。有病率は全人口の4%といわれており、我が国でも200万人もの人が睡眠時無呼吸症候群をもっていると言われています。最近では鉄道事故などで注目されるようになりましたが、なかなか気づきにくく、いびきや眠気なんかで病院にいくなんて恥ずかしいという理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。

  • いびきをかいて恥ずかしい思いをされている方
  • 会議中に居眠りばかりしてしまう方
  • 車を運転中に居眠りをしてあわや追突という冷や汗をかかれたような方
  • 夜中に息苦しくなって起きてしまう方
  • ぐっすり眠った気がしない方
  • 若いのにEDの印象のある方
  • 夜中に何度もトイレに起きる方

お気軽に、私たち専門医にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の検査

多くの方は日中の眠気、いびき、全身の疲れやすさ、夜間の息苦しさ・呼吸停止といった症状で来院されます。

ESSという質問紙票をもとに自覚症状をチェックします。

問診・聴診・血圧測定などで合併症のチェックをします(必要に応じて検査を追加いたします)。

簡易睡眠モニターを持って帰ってもらい、寝る前に着けて睡眠中の無呼吸の有無を調べます。

次の外来で簡易睡眠モニターの結果をもとに、治療方針を相談します。
※必要に応じて、提携している虎の門病院などでの1泊ないしは2泊の精密検査をご相談いたします。

睡眠時無呼吸症候群の治療

■生活習慣の改善

減量
肥満している方気道周囲の脂肪の沈着などが影響して無呼吸を増悪させます。減量によってそれが改善することがあります。やせましょう。
アルコール制限
アルコールは気道の筋力が低下するため、気道がペチャンコになり無呼吸が悪くなるので、「寝酒」は禁物です。
睡眠導入剤の制限
一部の睡眠導入剤を除いて、アルコールと同様に気道の筋力が低下するため、無呼吸を悪くします。医師と相談されてください。
禁煙
喫煙中により体内の酸素濃度を減らし、のどや気道の炎症を起こすため無呼吸が悪化することがあります。禁煙しましょう。

■専門治療

CPAP治療

現段階で睡眠時無呼吸症候群に対する治療法として確立しているものはCPAP(Continuous Positive Airway Pressure:持続陽圧呼吸療法)です。即効性・確実性・安全性いずれからみても、最も勧められる治療法です。

閉塞性睡眠時無呼吸に対するCPAP療法

図1のように鼻マスクをつけ、鼻から気道に空気を送る小型の機械を枕元においてそこから空気を送り込み圧を加えることで、ペチャンコになった気道を開放してあげるわけです。寝る前から起床時までの治療により日中も快適となり、最近の機種はコンパクトなので旅行・出張にも持ち運びができるようになっています。この圧力は患者さん個人個人によって変わります。

機械はレンタルでありレンタル費用+治療費用も保険が適応され、毎月約5000円ですみます。

(→CPAP外来について)最近では中枢性無呼吸(→)にも有効なタイプの治療器(ASV)もでてきており、今までCPAPであまり効果のなかった方にもきたいできるようなりました。

マウスピース療法

下あごを前方に出すことにより、狭くなった気道が広げることができる治療法です(図2)。軽度~中等度の睡眠時無呼吸症候群の方に効果があり、とくにアゴが小さく肥満でない方に有効です。

マウスピース療法

マウスピースは提携している無呼吸専門の歯科医療機関に依頼して作成します。3回ほどの通院で健康保険適応で約2万円の自己負担でOKです。その人にあった形で作成しますので、ぴったりフィットします。

小型で持ち運びがCPAPより容易で便利ですが、高度の無呼吸症候群に対する治療効果には限界があります。

マウスピース治療については、当院の2Fにある「にしかわデンタルクリニック」と連携してやっております。

耳鼻咽喉科的手術療法

のどの扁桃腺や口蓋垂(いわゆるのどちんこ)が大きいなどが原因で睡眠時無呼吸症候群になっている場合には、熟練した専門の耳鼻咽喉科に依頼して手術で改善が期待できる場合があります。ただまだ一部の医療機関でしか十分に行われておらず、これからの治療といえます。

ナステント治療

ナステント治療は、軽症~中等症の睡眠時無呼吸症候群をお持ちの方に、定期的に、ないしは旅行時等でお使いいただくことのできる治療法です。当院でフィッティングして処方することができます。
費用:1箱7本入りで4200円(これに診療費3500円がかかります)です。
詳しくは、https://nastent.sevendreamers.com/をご覧ください。

CPAP外来について

CPAPによる治療中の方は、月1回の外来にて、CPAPの使用状況・機械の状況・無呼吸の程度やご本人の状況をトータルにチェックさせていただきます。

健康保険が適応されており、毎月約5000円の費用負担ですみます。CPAP外来についてのみ、予約可能です(電話予約/院内予約)。

*持続陽圧呼吸療法(CPAP)は、基準を満たした睡眠時無呼吸症候群の患者様に保険診療として治療を行うことが認められています。 ただ、この治療は人工呼吸器に準じた治療器ですので、安全にかつ適切に治療を受けていただくために症状の有無に関わらず必ず月に最低1回は担当医師の診察が必要です。

CPAP治療を受けられている患者さまへ…チューブカバーとホースリフトのご案内

結露と乾燥予防のチューブカバー、チューブを掛けるホースリフトのご案内をはじめました。こちらをクリックすると、料金や機能、使用イメージなど詳細がご覧いただけます。

▲ ページのトップに戻る