メニュー

Close

HOME

診療科目

プラセンタ注射

プラセンタ注射

当院では、疲労・倦怠感対策、 不眠 ・うつ・自律神経失調症対策、抗アレルギー対策、更年期障害対策、二日酔い対策、アンチエイジング対策として、「プラセンタ注射」を行っております。

このような症状でお悩みの方、各種サプリメントが無効な方、薬は飲みたくないけれど何とかしたい方、上記症状の著しい方、一度ご相談ください。
他にも下記に述べるように、副作用が少なく、ウイルスや細菌などに対する安全性も対策を講じており、安心して治療を受けていただけます。

プラセンタとは

placenta胎盤のことをブラセンタといいます。母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。

受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されてきました。

プラセンタ療法とは

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を“プラセンタ療法”といいます。

新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫、抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。

当院では、プラセンタ療法を希望する方へ適切な用法・用量を検討致します。お気軽にご相談ください。

プラセンタ療法の効果

内科系 肝機能の改善(肝炎・肝硬変)、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘
婦人科 更年期障害(動悸・息切れ・不眠)、月経困難症の改善、便秘、冷え性、生理痛、不妊治療、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症
皮膚科 アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、シミ、そばかす、しわ、たるみ、ニキビ、美容・美白・若返り
耳鼻科 アレルギー性皮膚炎、メニエール病、花粉症
整形外科 慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり 等
泌尿器科 前立腺肥大、勝脱炎
眼科 角腹炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障
歯科 歯槽膿漏、歯周病、顎関節症
精神神経科 うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症
その他 精力増進・滋養強壮、疲労倦怠改善、男性・女性ホルモンバランスの調節、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、風邪予防

プラセンタ療法の美肌効果

美白 シミの元であるメラニン色素の生成を抑えるとともに、シミ・くすみを取ります。
保湿 高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を維持します。
細胞の
壇殖再生
ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌を作ります。
コラーゲンの
生成促進
肌の弾力を決めるコラーゲン生成を支えます。
血行促進 末梢の血行を促し、冷え性を改善したり健康で美しい飢を作ります。
抗酸化作用 老化の原因となる活性酸素の発生を鈎えたり中和したりします。
抗炎症作用 ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギ一作用 免疲システムを調整回復し、アレルギ一反応を抑制します。
アミノ酸の補給 皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。

アンチエイジング

アンチ工イジング=老化防止、若返りを意味する言葉ですが、老化が原因でおこる病気が近年増え続けています。
外見はもとより内面からもいつまでも若々しく健康な体づくり…
プラセンタは、アンチ工イジングとしてもその一役を担っています。
一般に年を重ねるにしたがって、全身の機能が低下していきます。これは一つの器官の機能が低下している状態とは異なるため、単一の効果を期待して研究開発された薬剤によっては治療することができません。
プラセンタは多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。
また、老化の大きな特徴は、全身の細胞数の減少です。機々な細胞増殖因子を合成・分泌して胎児を育むプラセンタは、新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせます。

副作用

ラエンネックの主な副作用は、注射部位の疾痛、過敏症(発疹・発熱・掻痒感など)・注射部位の硬結などです。また、本剤はヒト組織由来のタンパク・アミノ酸製剤であるためショックを起こすことがあります。
ラエンネックの投与を受けてこのような症状が出た場合あるいは不安に思われた場合は、必ず担当医師にご相談下さい。

ウイルスや細菌などに対する安全性

ウイルスや細菌が製品に混入しないようにするため、次のような汚染防止対策を講じております。

1.原料提供者のスクリーニング(医療機関での検査・確認)

2.受入試験

3.ウイルス不活化処理
・有機溶剤処理
・酸処理
・高圧蒸気滅菌処理
(最終滅菌 121℃、20分)

4.製品試験

  1. 原料提供者について医師によるウイルス等感染症のスクリーニングを実施
  2. 受入誌験でB型肝炎、C型肝炎及びエイズ(後天性免疫不全症候群)のウイルス検査に適合した原料を使用
  3. 製造工程では、科学的に証明された種々のウイルス不活化処理を実施
  4. 最終製品についてB型肝炎、C型肝炎、エイズに加え成人T細胞白血病及びリンゴ病のウイルス検査を実施してウイルス等が陰性化していることを確認

またラエンネックを含めヒト胎盤を原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありません。しかし変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを理論的には完全に否定することはできません。このことから輸血やラエンネックを含めヒト組織や血液を原料とした製品を1回でも使用した方は、献血ができなくなります。
この点をご理解いただいた上で、書面でのご同意が得られた方に対して治療を行います

費用と治療の流れ

  •  初回は問診料2,000円+注射治療費として2,000円(1アンプルの場合)なお、1日に3アンプルまで投与可能です。
  • 二回目以降は問診料がかからず、1アンプルあたり2,000円となります。
▲ ページのトップに戻る