inoculation 予防接種

予防接種について

当院では、インフルエンザワクチン以外は、原則として予約が必要になります。
ご予約は、お電話もしくはメールにて受け付けております。

肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス」

当院では、インフルエンザ感染に引き続く細菌性肺炎予防において非常に有効とされる「ニューモバックス」の予約を受け付けています。
高齢者肺炎球菌ワクチンは、H26年10月より定期予防接種化されております。
なお、このワクチンの効果は5年であり、5年以内にこの予防接種を受けられた方は、接種日より5年経過しないと再接種できません。ご注意ください。肺炎を起こしやすい65歳以上の方にお勧めです。
詳細は世田谷区ホームページをご参照ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの新しい治療薬

インフルエンザ感染に対する新しい治療薬イナビル(一回吸入するだけで効果のある薬)が使えるようになりました。詳細をご覧になりたい方は「インフルエンザ情報Webサイト インフルニュース」をご参照ください。

インフルエンザの対策

ワクチン接種(3価ワクチン)

2010年夏に製造されたワクチンです。3種類のワクチン株が混合されたタイプで、新型を含むA型、B型インフルエンザウイルスに予防効果が期待できます。

治療

イナビル、タミフルおよびリレンザが中心となります。若い方でも発見がおくれたり、これら薬物治療の開始がおくれると重症化する可能性があります。高熱、関節痛、のどの痛みや咳などの症状があり、疑わしい場合には、早めに医療機関を受診しましょう。現在、あらゆる医療機関(実際には病院、内科系診療所が中心ですが)でインフルエンザの診療を受けることができるようになっています。

生活上の予防
  • ウイルスの侵入経路を絶ちましょう

「うがい、手洗い、マスク」意外と盲点なのは、ATMやキーボード、ドアの取っ手など、不特定多数の方が触れる箇所を通じて感染することが多いことです。うがいやマスクのみならず、手洗いを励行しましょう。アルコール消毒などがあればなおさらよいでしょう。

  • ウイルスに負けない防衛体力を維持しましょう

規則正しい生活リズムを守り、十分な睡眠・休養をとり、バランスのとれた食事を摂り、ウイルスに負けないからだを維持しましょう。

  • ウイルスに遭遇する機会をなるべく減らしましょう

人ごみを避け、人の集まるところにでかけるのは、必要最小限にしましょう。

※空気清浄機のみでは十分にウイルスの殺菌はできませんが、当院で設置しているプラズマクラスター(シャープ社)は、インフルエンザウイルスの感染力を99.9%抑え、院内感染を予防することができます。また、ダニをはじめとするアレルゲンの作用をおさえることで、アレルギーの発症をおさえ、花粉症に対しても効果を発揮しますので、安心して当院で受診していただくことができます。

※そのほかインフルエンザの詳しい情報については、下記のサイトをご覧ください。 国立感染症研究所「感染症情報センター

インフルエンザの予防的投与

インフルエンザは、多くの場合、家族の一人がかかると、一家全員がかかってしまうようです。インフルエンザワクチンを接種されていない方や、1回しか接種されていない方は、感染しやすいようです。そういった際に、抗インフルエンザ薬であるタミフルないしリレンザを予防的に服用していただくことで、インフルエンザ感染のリスクを減らすことができます。これが予防的投与です。

ただこれは保険医療でなく、自費診療となるため薬代が実費になり、当院では投薬料として2,000円(同時期に当院でインフルエンザ感染の処方をうけたご家族がいる場合には1,000円)。薬局ですと、タミフル10日分もリレンザ5日分も4,000円~5,000円かかることになります。

予防投与の効果としては完全ではないですが、ご家族や同僚の方の感染が発覚され次第、早期から服用することで感染リスクはかなり減少しますので、当院の診療時間をご確認の上、ご受診ください。

子宮頸がんワクチン

【休止中】ガーダシル

  • 子宮頸がん(扁平上皮細胞がん、腺がん)
  • 子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1/2/3
    のほかに、 以下の4つの病気の予防効果を持つ点で優れています。
  • 上皮内腺がん(AIS)
  • 外陰上皮内腫瘍(VIN)
  • 膣上皮内腫瘍(VaIN)
  • 尖圭コンジローマ
接種スケジュール

1回目のあと、2回目を2か月後(少なくとも1回目接種より1か月あける)、3回目を6か月後(少なくとも2回目接種より3か月あける)です。

接種費用

1回 16,000円
※料金は既存の「サーバリックス」と同様16,000円です。

【休止中】サーバリックス

子宮頸癌ワクチン「サーバリックス」は、発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)のうち最もがんになる頻度が高い2つの型(HPV16型・18型)による感染を予防するワクチンです。この2つの型のHPV感染による子宮頸部がんは全体の6割を占め、20~30歳代に限ると8割になると言われています。

サーバリックスは、アメリカをはじめ世界の100ヵ国以上で承認され、多くの女性が接種しています。米国、カナダ、ブラジルの28施設で行われた追跡試験で、このワクチンを接種したほぼ100%の女性がHPV16と18のタイプに対して強い免疫応答を示し、5年半以上の間持続することが明らかにされました。予防効果は20年続くと推測されています。もちろん、全ての発がん性HPVの感染を予防することはできず、定期的な検診も重要です。(詳しくは、子宮頸がん情報サイトをご参照ください。)

接種スケジュール

10歳以上の女性に、1回0.5mLを3回(初回、初回から1ヵ月後、初回から6ヵ月後)、上腕の三角筋部に筋肉内接種を行います。

接種費用

1回 16,000円

実施している種類と料金一覧

横にスクロールできます。

実施内容 料金(税込)
麻疹(単独)ワクチン 7,000円
子宮頸癌ワクチン 「サーバリックス」(休止中) 16,000円
子宮頸癌ワクチン 「ガーダシル」(休止中) 16,000円
流行性耳下腺炎(おたふく) 5,700円
破傷風 3,000円
肺炎球菌※ 8,100円
インフルエンザ 3,500円
A型肝炎 8,400円
B型肝炎※ 4,800円
ツベルクリン 3,500円
風疹 8,400円

※A型肝炎の一般的な感染予防スケジュール
16歳以上の方に、0.5mlずつを2~4週間隔で2回、筋肉内または皮下に接種し、さらに初回接種のあと24週を経過した後0.5mlを追加接種します。

※B型肝炎の一般的な感染予防スケジュール
通常0.5mlずつを4週間隔で2回、さらに20~24週を経過した後に1回0.5mlを皮下または筋肉内に接種します。ただし、10歳未満のお子様には0.25mlずつを同様の投与間隔で皮下に接種します。B型抗体が獲得されていないことが判明した場合には、さらに追加接種します。

わからないことがございましたら、お気軽にご相談ください。